令和元年度事業
実施プログラムのご案内

今年度は、ESG対話プラットフォーム(以下、プラットフォーム)における
環境情報開示状況に応じた以下のプログラムを提供します。

環境情報開示支援講座

対象企業
環境情報を、新たに投資家向け情報として開示しようとする企業
実施時期
8月~令和2年2月頃

環境情報を、新たに投資家向け情報として開示しようとする企業向けの講座です。
講座を受講し、環境情報開示基盤の入力項目を参考に、投資家向け情報開示のポイントについて理解を深めていただきます。また、投資家からアドバイスを受ける機会も設ける予定です。

実施内容

概ね以下のような内容を予定しています。
開催日時・場所等詳細は、参加企業の御担当者へ連絡いたします。


  1. 講座受講(8~12月に3回程度)
  2. 講座の進捗に応じて簡易フォーマット※1へ環境情報を入力(8月~令和2年2月頃)
  3. 環境情報登録を完了(令和2年2月頃)

※1「簡易フォーマット」は、環境情報開示基盤へ初めて環境情報を登録する企業向けのフォーマット。気候変動に関する項目に特化している。

参加条件

本年度、新たに投資家向け環境情報の開示を試みる企業。
なお、これまで、簡易フォーマットで環境情報を登録している企業が本講座へ参加することは可能ですが、平成30年度の環境情報開示支援講座に参加されていないことが条件です。(平成30年度の環境情報開示支援講座参加企業は、是非、「2. ESG相談会」へ御参加ください。)

環境情報開示支援講座参加申し込み
募集期間

令和元年6月14日(金)~ 7月26日(金)17:00

募集数

30社程度

注意事項

講座はYouTubeで配信を行いますので、会場外および後日の受講も可能です。

ESG相談会

対象企業
環境情報開示システム入力項目で環境情報を登録されている企業
実施時期
7月~令和2年1月頃

環境情報開示システム入力項目で環境情報を登録されている企業向けの相談会です。
企業が投資家と会い、ESGに関する相談を行い、より深いESG対話へ発展することを目指したイベントです。
本年度は、3回程度の開催を予定しています。

実施内容

概ね以下のような内容を予定しています。
開催日時・場所等詳細は、参加企業の御担当者へ連絡いたします。


  1. ESG相談会に参加(7~12月に3回予定のうち、いずれか1回に参加。)(第2回は関西地区にて開催予定)
  2. ESG相談会後、個別対話を希望する投資家に連絡
  3. 企業と投資家双方の合意に基づき、直接対話を実施(令和2年1月頃まで)
  4. ESG相談会参加成果を簡単なレポートで報告(令和2年1月頃)
参加条件

平成30年度までに環境情報開示基盤に、環境情報を登録した企業
なお、参加希望社数により、今回新たに平成30年度までの環境情報を登録して参加が可能な場合があります。

ESG相談会参加申し込み
募集期間

(第1回)令和元年6月14日(金)~ 7月19日(金)17:00
(第2回)9月頃の募集を予定しています。(関西地区での開催を予定)
(第3回)11月頃の募集を予定しています。

募集数

各回 30社程度
(第1回は、平成30年度に簡易フォーマットを使って環境情報を登録した企業を対象とします。)

注意事項
  1. 直接対話先は、企業側からのESGへの考え方や取組を拝見したうえで、投資家側のご判断により決定いたしますので、企業の皆様が希望する投資家すべてとの直接対話が実現できるとは限りません。
  2. 対話にあたっては、フェア・ディスクロージャー・ルール※2を遵守ください。
  3. 対話参加の成果についてのレポートの内容は、事前の了承を条件に、成果報告において公開させていただくことがあります。

※2フェア・ディスクロージャー・ルール:公表前の内部情報を特定の第三者に提供する場合に、当該情報が他の投資者にも同時に提供されることを確保するためのルール。
(参考)フェア・ディスクロージャー・ルールガイドライン https://www.fsa.go.jp/news/29/syouken/20180206-2.pdf